読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ekuroの日記

日々思ったこと学んだことを書きます。

気晴らしにテレビを見たりゲームをするのは間違い

筋トレ ニューロン 集中力

勉強は仕事をしていて疲れた時に何をしているだろうか。ゲームをしたりテレビをつけたり、facebookを閲覧したりyoutubeを見たりしている人が多いだろう。
実はこれは脳を休めるという観点から見ると全く非効率なことがわかっている。

ゲームを何時間もやっていたり、テレビ(映画の方がわかりやすいかも)を何時間も見ていると集中力が切れそうになる経験をしたことがある人も多いと思う。
実はゲームやテレビを見る時にも脳はフルに動いているので、「仕事->ゲーム->仕事->テレビ」というループでは脳は全く休まっていないのだ。
人間が連続して集中力を保てる時間は限られているので、これでは仕事や勉強が捗るわけがない。

それでは脳を休めるのに最も効率的なものは何だろうか。それは筋トレである。
何も考えることができないくらい強度の高い筋トレをしている時は脳を休めることができるのだ。
つまり仕事や勉強の合間では、ゲームをしたりテレビを見るのではなく、筋トレをすることをおすすめする。

さらに筋トレにかぎらず運動(特に有酸素運動)には脳のニューロンの結びつきを強める土台を形成する作用があることがわかっている。
運動を効率的に取り入れることによって、脳の効率を最大限にいかすことができるのだ。